中性脂肪を減らしたい方のための情報サイトです


カルボーネン法

カルボーネン法と呼ばれている効果的に中性脂肪燃焼させる心拍数を知るための計算方法があります。これを知ることによって、中性脂肪燃焼が最大に進行する心拍数を計算することができます。中性脂肪の情報に気を配りましょう。

心拍数を計算するためには、運動強度に、最大心拍数と安静時心拍数の差分の数字を乗じます。そして更に、安静時心拍数をプラスした数字になります。運動強度としての数値は0.5から0.7の間に設定します。最大心拍数は、220から年齢を引いた数です。この数式に数字を当てはめてみると、ご自分の最適な負荷をかけたときの心拍数が計算できるでしょう。

このカルボーネン法と言う計算方式は、あまり一般には知られていない方法ですが、近年ではエアロバイクなどの有酸素運動にも取り入れられている考え方です。要するに、年齢に応じた運動強度を予想するための計算方法です。全身持久力を改善させるために、米国のスポーツ医学会は、有酸素運動を推奨しています。そして、そこで、用いられている計算方法の内のひとつがカルボーネン法なのです。

例えば、このカルボーネン法の式で計算してみると、55歳の方で、安静時の心拍数が120とすると、最高心拍数は220マイナス55で165と計算できます。そして、目標心拍数範囲は165から120を引いて35となるのでこれに係数0.5をかけて17.5が計算でき、120にプラスすると137.5が導き出されます。

脈拍数がこの値になるように運動で負荷をかける有酸素運動を実行すれば、体内で中性脂肪燃焼が一番活発に行われやすいことになり、ダイエット効果も期待できるというわけなのです。ダイエット目的で運動を始める人のなかには、短期間で急激に太ってしまったため、きつい運動を課して、短期間で再び元に戻したいと考えている人も多いようです。

しかし、激しい運動をすることは必ずしも身体に良いわけではありません。この計算式で出された数字を目標にして時間をかけて体型を変えていく試みの方が結局は有効な手段と言えそうです。